コラム

2020.04.28

ペーパーレス時代に『メモ帳』について真剣に考えてみた

いらっしゃいませ!

stay home の日々を送っている作山がお送りします。
お読みくださっている皆さまのご健康を、心から祈っております。

さて、今回のコラムでは、
2020年最初の商品となる「メモ帳」の開発ストーリーをお届けします!

 

■2019年11月

商品企画がスタートしました。
お客様からのご要望が多かった「文具」に挑戦することに。
ノート、メモ帳、ペン、ペン立て、ブックカバーなどなど
色々なアイディアを出して、イメージを膨らませました。

 

■2019年12月

情報共有やコミュニケーションを支えるツールを提供しているサイボウズ。
「楽しく働く」を応援する、というブランドメッセージを掲げるサイボウズ商店。

そんな私たちが作る文具って、何がいいのだろう…?と議論を重ねた結果、
「働く」場で「コミュニケーション」を目的としたアイテムである
「メモ帳」を作ることに決定しました。

「楽しく働く」と「メモ帳」をつなぐキーワードやシチュエーションを
イメージして、どんどん言葉にしていきます。



12月24日に実施した打ち合わせのメモです。
(ブレストのメモなのでところどころ日本語が粗い箇所もありますが…)
私たちがこの商品に込めたい想いは、伝わりますでしょうか。

商品コンセプトは「気持ちを伝えるメモ帳」に固まりました。

ペーパーレスが推奨されるこの時代に、
あえて手書きのメモを渡すとしたら…

「感謝」や「ねぎらい」など、大切な気持ちを伝えるシーンで
お役に立てるメモ帳にしたいな、と想像しながら制作に入りました。

■2020年1月~2月

商品コンセプトを実現できるようなサンプルを集めて、
セレクションのスタートです。

今回のモチーフに抜擢された「パンダ」を活かすこと、
日常的に使っていただきやすいデザインであることの両立を目指し、
沢山のサンプルの中から模索します。

メモ帳を次々と見る過程で、
「気持ちを伝える」メモ帳なので
他の人からは中身が見えないような工夫を入れることにしました。

そして、最初の試作品がこちら。

・・・ サクヤマ画伯によるスケッチです。笑


これをもとに、サイボウズのデザインチームが形にしてくれました。

完成です!

 

■2020年4月

ついに店頭に並びました!
…と、言いたいところだったのですが、店頭に並ぶのはもう少し先になります。
皆さまのお手元に届けられる日を心待ちに、パンダたちは待機中です。

 

■注目ポイントはこちら!

このメモ帳、他の人からは中身が見えないようにするために、
ちょっとしたギミックが仕掛けてあります。

お腹にメモを書いて・・・

 

点線で折ると・・・


ぱんだが前掛けをつけます。

さらに、右手でちょこんと押さえることができるんです!



メモの内容が隠せるので、
他の人の目は気にせずに、伝えたいことを書くことができますね。



最後に・・・
モチーフとしてパンダが抜擢された理由はご存知でしょうか?



グッズ販売の「物販」と「パンダ」を合わせて、
「ぶっぱんだ」と名付けられた看板パンダがいるんです。

サイボウズ商店のグッズとして、初登場のぶっぱんだ!
どうぞお見知りおきください^^

0件のコメント

コメントを残す